end

実践すれば繁盛店だ!リピート喚起術 126

『実践すれば繁盛店だ!リピート喚起術 126』
【作者】
降旗 利弥
【商品形態】
冊子
【支払方法】
クレジットカード
銀行振込
【内容】
第一部
ノウハウをやるから・・・成果がでない
考え方があっても大丈夫じゃない!
あなたはまだわかっていないのです!
USP(ユニークセールスプロミス)にライフスタイル。考えるのはおやめなさい
考えつくことをひたすら書き出す
言葉の意味を掘りさげる
考え方、ノウハウと連動させる
マーケティング・・・わかりますか?
あなたは慣れてしまっている
お客様の視点になる方法
お客様の視点になる決定的な方法
お客様の視点になるさらに強力な方法
動線の本当の見方
広告は宝の山?
準備で差がつく地域情報紙・ミニコミ誌
クーポン誌の使い方
気にしていること、悩んでいること
立地は大切ですが・・・あなたは見落としています
そこは流行らない場所!
立地が良ければ大丈夫?
スタッフは邪魔者です!
見せて魅せる店の顔
その姿勢がプレッシャーになる
接客しますよサイン
わからないと入らない
店で忘れられている音
スタッフは店の一部
お客様はディスプレイを見ていない
変えなければ飽きられる
ディスプレイだけでは足りない
商品陳列にはこれが必須
多ければよい・・・わけではありません
一歩進んだ接客とは・・・
みんなが買って帰るとは限りません
店頭のメニューはディスプレイと同じ
すぐ接客が大事
連れていく前に尋ねて欲しい!
違いがわからないのが美容室
尋ねて欲しいのは美容室も同じ
タイミングをはずしてお客様がイラッ!
                   ・・・・などなど
第二部
わかっている?リピートのお客様は大切だってこと。
誰?なぜ?の質問
リピート喚起って、ラクチン?楽しいの?
”ふるい”にかける
お客様を選ぶ
リピート喚起の過程で”ふるい”にかける
お客様を選ぶには
後ろからいきなりドカン!
サインに気づくか?
『お薦めを』を尋ねられたら
注文の取り方でサービスのレベルがわかる
構造を言い訳にしない
みんな常連になりたい?
シェフが出てくるだけで
「お下げします」のタイミング
注文のあとがチャンス
形にする極意
読み手は小学生!
お客様は見ていた
いまさら言えな~い
図を見た方がわかりやすい
距離感覚
お尻が落ち着かない商談スペース
この気遣いが差をつける
期待を裏切るからアダになる
お客様は忘れてしまう
頼んでも教えてくれません!
お客様から教えてもらうには
会計の時がチャンス!
集め方を工夫する
予約のお客様は大切なキッカケ
同伴者は大切なタネ
かかるものはかかる
最初のコンタクトで
手書き?印刷?
内緒の話はアノネノネ~
意図的にふるいにかける
断られたお客様に再度アプローチ?
伝える内容の見つけ方
2回目を用意する
サイズとコピー
番号があるから活かせる!
回収するだけ?
クーポンのお客様をつなぎとめる
口コミは起きない
口コミをおこすなら
結果を産みだす紹介とは
ひとり誘う
                  ・・・・などなど
(サイトより)

-end