end

パブリックリレーションズストラテジーブック

パブリックリレーションズストラテジーブック
【作者】
【支払方法】
クレジットカード
銀行振込
【内容】
【Chapter 1】 マスコミ戦略(パブリシティ)の威力を活用できる者、見過ごす者
■ --何故ライバルだけがいつもマスコミから取材をされるのか? --
■ --日本人特有の謙譲の美徳はPRには通じない --
■ --パブリシティって何だろう?--
■ --うちは商品に自信がある。1度使ってもらえればわかる? --
■ --危険すぎる広告費という罠 --
■ --広告費を気にしない大企業と正面衝突する恐ろしさ --
■ --広告代理店営業マンの言うことは本当に正しいのか? --
■ --広告戦略とPR戦略の順序を考えて信頼度を勝ち取る --
■ --マスコミに報道されることによるメリットを整理してみると --
【Chapter 2】 具体的なPR戦略の実行手順 ①マスメディア情報リストを収集
■ --まずはマスコミについて情報をあつめることから --
■ --マスメディア媒体の特徴と傾向 --
■ --マスメディア情報リスト(データベース)を作る --
■ --実際のマスメディア情報リスト(データベース)の作り方 --
■ --データベースは生もの。定期的な維持管理は欠かせない --
■ --マスメディア以外にもプレスリリースを送ることの重要性 --
【Chapter 3】 具体的なPR戦略の実行手順 ②注目されるニューステーマの企画
■ --マスコミPR企画の構築ステップ --
■ --自社の広告宣伝文章はダメ --
■ --売れるニュースの6大原則 --
■ --マスメディアが記事にしたがらない話題とは --
■ --マスメディアPRならではの企画 --
■ --PRプロポーザルを用意して企画を立てる --
■ --原則「メディアオーディエンス=自社の顧客層」 --
■ --マスメディアPR企画の立案後はひたすらアクション --
【Chapter 4】 具体的なPR戦略の実行手順 ③プレスリリースクリエイティブ
■ --PRが成功するもしないも、プレスリリースの出来次第 --
■ --プレスリリースキットとは --
■ --プレスリリース形式の基本ルール --
■ --プレスリリースの構成要素①:タイトル --
■ --プレスリリースの構成要素②:リード --
■ --プレスリリースの構成要素③:本文 --
■ --Michael Levineの記事風プレスリリースとは何か? --
■ --記事風プレスリリース作成スキルの習得 --
■ --記事風プレスリリース作成のポイント --
■ --記事になるプレスリリース・無視されるプレスリリースの実例 --
【Chapter 5】 作成したプレスリリースキットを配信!マスメディアに効果的にアタックせよ
■ --プレスリリースを配信先メディアの属性によって変化させる --
■ --どのようにFAXを配信するか --
■ --FAXに慣れてきたら、封書・Eメール配信も考慮に入れる --
【Chapter 6】 マスメディアに取材を受けた後のアフターフォローこそが大事
■ --なぜこうもアフターフォローを無視する企業がおおいのか --
■ --いつの世も人付き合いの基本は「お礼と挨拶」です --
■ --PR戦略の効果測定について --
■ --広告費に換算することでPR効果を測定 --
■ --マスコミ記事の信頼度を勘案し、係数をかける --
■ --チェックシートを作ってプレスリリースとその反応を記録しておく --
【Chapter 7】 マスメディア側の人間たちの行動・考え方・理念をしつこく学習せよ!
■ --マスメディア業界に属する「業界人」とはどんな人種か? --
【Chapter 8】 マスメディアを唸らせ、彼らに喜んで記事を書かせることができるアプローチ方法
■ --嘘は一瞬で信用をなくします --
■ --相互に認め合う尊重関係 --
■ --活字(プレスリリース等)でスムーズにアプローチするときの態度 --
■ --プレスリリース後に電話でフォローアプローチするときの態度 --
■ --マスメディア記者に直接会ってアプローチをする際の態度 --
■ --全てのマスメディアコンタクト方法共通のルール --
■ --最後に・・・ --
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
その他の商品
パブリックリレーションズストラテジーブックVer.3.0 with セミナーCD(CD版:マスコミFAXリスト1,000社付)
パブリックリレーションズストラテジーブックVer.3.0 with セミナーCD(CD版:マスコミFAXリスト1,000社付)

-end