info

インフォメーション販売ビジネス・パーフェクトマニュアル

インフォメーション販売ビジネス・パーフェクトマニュアル
販売終了
【作者】
佐藤昌弘
【プロフィール】
株式会社 マーケティング・トルネード 代表取締役
大学卒業後、大手都市ガス会社を経て、98年住宅リフォーム会社を創業。
その後、2001年経営コンサルティング会社(有)マーケティング・トルネードを設立。
サラリーマン時代には、中部地区最大の異業種交流会を主催し、会員1000人以上の
組織の代表幹事を歴任。その後、脱サラしてリフォーム事業で起業。
【商品形態】
冊子 425ページ
【支払方法】
代金引換
【返品】
可(365日)
【特典】
特別CDROM
 約20分の実演ビデオ
 マニュアル・テンプレート
 ホームページテンプレート
 加工用セールスレター
 WEBデータ一式
製作者直接、無料アドバイス(1年間)
定期的に最新のレポートが読める(1年間)
先輩成功者が、コミュニティに参加してアドバイスしてくれる(1年間)
【内容・目次】
序章:
情報・インフォメーションを販売するビジネスというのは、どれぐらいが成功ラインなのか?
一般的な売上数字、最悪の数字、驚異的な数字。どれぐらいが基準なのか?
コンサルタントになれば情報をパッケージにして成功しやすい!
そう思うのは大間違い。その理由は?どの部分が間違いなのか?
第2章:
情報という商品を販売していくための必要不可欠な7つのステップとは?
情報ビジネスのGOODニュースと、3つの避けられないBADニュース。
第3章
インフォメーション販売ビジネスをやるには、実は特徴的な頭の使い方があります。
その頭の使い方は2つのツールで身につきます。
ウソではありません。ハッキリ言います。その2つのツールを差し上げます。
A4用紙2枚をご利用いただくだけで、ご自分自身が一番驚かれることでしょう。
第4章
この章では、売れる情報をどのように作ればいいのか、ステップバイステップで4つのプロセスに分けて説明しています。
売れる情報ネタを、科学的に導き出す方法とは?
他人の優れたノウハウを引き出して、売れる商品に加工する方法とは?
売れるかどうかをコストゼロでチェックする方法とは?
第5章
成功事例ケーススタディ「仕事柄身につけた知識を販売して月に200万円を稼ぐ」
彼が顧客を獲得していたメールマガジンの実物公開!
マーケティングトルネードの「小冊子マニュアル」は、インターネットと紙のセールスレターでどちらが売れるのか?その理由は?
在庫を抱えずにどうやって売っていたのか?
情報という商品を最も簡単に売る広告とは?
カリスマコンサルタントの大失敗広告実物
マーケティングのプロセス概要を説明
※但し、この中の約25ページ部分は(旧・顧客獲得実践会の顧客獲得実践マニュアル、
  増客システム構築セミナーと同内容です)
インターネットマーケッターの成功事例公開
インタビュアがひっくり返ったバックエンド商品の作り方とは?
日本文化を海外へ売る事例解説
お金のビデオを売る事例解説
設立半年で年商1500万円の有料コンテンツサイトの裏側秘話
第6章
WEB、紙、どちらにも使えるセールスレターの書き方テクニックを解説します。
これを知らずに書けるわけがない、セールスレター8つのテクニック
小冊子マニュアルのセールスレター実物(10ページもの)を、11ページをかけて詳細に解説!
2人に1人が申し込んだ驚異的なセールスレター実物とは?
テープを売るためのセールスレターはここがポイント!
第7章
次々と新しい商品を開発していくための、具体的な方法について7章全体で解説しています。
第8章
返品が来るとやっぱり気分は良くありません。
そこで、返品の来ない情報商品パッケージの作り方を説明してあります。
コツはたったの3つなのです。
この3つのポイントを守らないから、次々と返品されてくるのです。
第9章
アウトソーシング先の具体的な連絡先や、そのアウトソース実践法を、具体的な実例や見積書まで公開します。
一冊のマニュアルでもローコストで作ってもらう方法。
カセットテープ、ビデオのダビング業者と、その見積書。
セミナーを録画してもらうプロの価格と見積書。その業者さんは?
第10章
法律の専門家に聞きました。
インフォメーション販売ビジネスで、裁判になって敗訴した実際の事例とは?
これを守らないと知らずに犯罪を犯してしまう。そのチェックポイントとは?
最終章
マニュアルの最後には、大切なことをお話しています。
インフォメーション販売ビジネスで、悪評を広める人、好評で成功する人がいます。
その差は、この最終章で解説しているポイントだけです。
【著書】

会社を成長させるために絶対に必要なこと
佐藤 昌弘

おすすめ平均 
成長の軌跡がイメージしやすいですね!
著者の思いが・・・
事業をやっている人は必見。
内容は当たり前
神田先生のピンク本のモノマネ

Amazonで詳しく見るby G-Tools

-info