manage

世紀の対談 ビルゲイツとバフェット

世紀の対談 ビルゲイツとバフェット
【作者】
ビルゲイツ
バフェット
【内容】
(序) B・フランクリンの「習慣革命」
習慣という強い鎖 ・ビジョン ・方向性
未来設計図 ・IQと合理性 ・まわりを理解する
(1)いまを楽しみながら「成功する」法
自分より賢い人々と一緒に働く 
仕事の楽しみ方
好きな事を、好きな連中と…
成功とは望んだものを、幸福とは手に入れたものを…
(2)革新者であり続けること
変革期の社長の役割 ・マーケットからの不意打ち
常に社内に危機感をあおれ ・金銭以外の動機付け
(3)生き方のモデル、人生
困難を乗り越える大きな力
心のヒーローの恩恵
(4)インターネット=知的好奇心
(5)技術革新とソロバン勘定
かなりレベルの高いどんぐりの背比べ
5年後には通用しない「強み」 
本当に賢いヤツは、秘密の場所で素敵な景色を楽しんでいる
(6)居ながらにしてグローバル企業になる
取引先に便乗し世界へ出る
言葉のカベを超える商品
(7)中国はドル箱か
違法コピーと著作権の回収
コーラの媚薬の効果
(8)社会還元と影響力
金持ち母親の持つ子宮の特権
大金を手にすると変わる人
資本主義のルール ・幸運と感謝
(9)情報化・スピード社会での成功要因
インドでもアメリカでも競争条件は同じ
10年、20年先でも確実に成長するビジネス
株価と会社価値のズレ ・3年ごとの危機
(10)会社を興すこと、苦労を楽しむこと
恐いのは潰れるリスクよりも、給料の支払日
創業当時、大口取引先の倒産で学んだ教訓
求人募集での試練 ・一兆円銀行預金の理由
勤めることで吸収できるノウハウもある
(11)最高の決断は何か
同じビジョン、自分にはない才能、信頼感…
パートナー選びで会社の将来は決まる
帳簿には載らない”何かしなかった”損害
出資する条件 ・決断したら、ヨソ見をするな
(12)手持ちのフダでゲームを最高に戦う
一番大切な資源は時間後悔するだけヒマじゃない
幸運の確立 
年齢
(13)人生で大切なもの
生まれ変わっても3つだけ持ち越せるとしたら
引き抜きが最大の敵
目標をともにする情熱
(14)独禁法で恩恵を受けるのは誰か
マイクロソフトの公正さが明かされるチャンス
報道のターゲット 
消費者の選択肢
(15)カリスマ経営者が去ったあとの組織
情熱と統率力のたまもの 
会社は自分の子供と同じ
後継者の指名  
死んでからも指示を出す
 

-manage